好守を続けていたのに

0

     

     

    第22節はアウェイのIAIスタジアム日本平で行われ清水エスパルス松本山雅FC0-1で敗れた⚽⚽

    試合開始から相手ゴール前で攻め込み5本のCKがあったが攻め込むことはできずあまりにも単調であった感じだ。18分に相手CKを守田がハンブルしてドウグラスにオーバヘッドで決められ失点(ノ_・。)

    細かいところの制度差が無く、決められる(得点できる)選手もいないのが現状であるが、工夫が無かったつまらない試合であった。

    (詳しくはゲキサカ公式サイトより)

     

     

     

    J1第22節】(アイスタ)
    清水 1-0(前半1-0)松本

    <得点者>
    [清]ドウグラス(18分)

    <警告>
    [清]松原后(25分)、吉本一謙(32分)、エウシーニョ(72分)
    [松]今井智基(64分)

    観衆:16,017人
    主審:上田益也
    副審:野村修、田尻智計

     

     

     

    ■反町康治監督記者会見のコメント
    「非常に残念な結果になりました。現場を預かる人間として、非常に責任を感じていますし残念に思っています。
    少しコメントするのに難しいゲームだったと思います。本当にどっちに転んでもおかしくなかったですが、やはり決められる選手のいるチームと、そうでないチームという言い方になるかも知れません。これが現状なので、下を向かずに松本に帰って、また出直してきたいと思っています」

    Q:失点は攻めている時間帯にイージーなミスからのもので、そこから試合の流れも変わったが?
    「サッカーというのは、誰が交代したとか、前半と後半とかリズムというのがあるんですけど、一番大きく変わるのが得点失点なんですよね。その意味では残念な流れになってしまったことは否定できないと思います。ただ、それはGKだけの責任ではなくて、その前に入れ違ってCKにしてしまったことも問題ですし、逆に何回か続いたCKのチャンスで我々がボールを触っているかというと触っていない。(序盤も)単にハーフコートでやっているだけであって、相手にとって脅威だったかというと、そうでもない。そういう言い方になるでしょうね」

    Q:攻撃面では相手がブロックを作ってくるなかで、サイドで違いをつくれたと思うのですが、なかなかサイドが勝負に行けなかったが印象を受けえたが?
    「エスパルスさんは色々なディフェンスの仕方、形を持っていますが、今日はAパターンではなくBパターンでやってきたので、外で時間を作れたんですよね。その意味では向こうは外に追い込んで、そこで終結させようという狙いどおりだったのかも知れません。そこでシステム上の優位性が我々のサイドにあるかというと、残念ながら大手を振ってイエスとは言えない。そこで違いを作れれば良かったんですが、実際には作れないというのも、先ほど言いました現状の一つだと思います」

    Q:宮阪政樹と町田也真人の2名を投入した意図は?
    「ボランチのところでボールをサーキュレイトすることが前半に出来なくて、そこでリズムが寸断されているシーンが多かったので。それは交代した(藤田)息吹だけの問題ではないんですけども、そこで違いを少なからず作らないといけないと思ったので。今日は、力強さであるとか運動量であるとかボールを動かす力であるとか潰しにいく力であるとか、ボランチの差が少し出た試合だったかなと思っています。リードされている状況で、このままだとこのまま試合をクローズされそうな流れだったので、あえて早くこちらから先手を取ってリズムを作らないといけない。それが出来たかは何とも言えませんけども」

    Q:新加入の水本裕貴と阪野豊史の2人の評価を。また現時点の言える範囲で、このまま(の編成)でよいのか新たな補強が必要なのか。
    「水本は(加入してから)時間のないなかで準備をして、スンナリと試合に入れて、悪くなかったと思います。彼の持っているポテンシャルも十分感じさせたし、今後もっともっと良くなるのではないかと思います。阪野は前節も先発出場していますが、チームには馴染んできています。あとは一番大事な点を獲る作業での精度や動き、また出すところにも課題がありますけど、そこはこれからも改善していかないといけないと思っています。ただ、うちのチームに来てくれる選手が少ない中で、この2人はチーム事情があまり良くないなかでもチームの力になってくれていることを嬉しく思っていますし、本当に感謝してもしきれません。
    これからどうなるかは、ちょっとここでは明言できませんけども、何とかしたいかなとは思っています」

    ■今井智基選手のコメント

    Q:今日の試合を振り返って?
    「18分に失点してしまいましたが、まだ早い時間帯でしたし、まだ取り返す時間は残っていた。失点したからといって下を向くような雰囲気ではなかったし、まずは同点に追いついて、そして逆転してやろうと声を掛け合っていましたし、チーム全員が同じ気持ちだったと思います」

    Q:しかし後半は決定機を作ることが出来なかったが、その要因は?
    「最後の時間帯とかもそうですけど、清水もブロックを作ってきて、自分たちも攻めあぐねていた部分もありました。そういったところで相手の堅い守備をこじ開けられるような、攻撃面での力強さがまだまだ足りなかった。そういうところも普段のトレーニングからこれまで以上に高い意識で突き詰めていくことが大事だと思います」

    (松本山雅FC公式サイトより)

     

     

    篠田 善之監督のコメント
    90分間通して、しっかりやるべきことを全員がやってくれたと思う。立ち上がり、少し押し込まれる時間帯もあったが、しっかりそこを凌げたことは全体が前向きにできたと思う。
    セットプレーから得点を挙げられたこと、ゼロで終えたこと、それはまた次に継続してやっていきたい。ただ、ミスもたくさんあったし、2点目を取れることが、もっとゲームを優位に進められたと思うので、たくさん反省すべきことはあるが、前向きにみんなでまた次に向けて準備していきたいと思う。

     

    JUGEMテーマ:サッカー


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.11 Friday
      • -
      • 08:24
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

         かれんだー

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>








      PR

       さいしんきじ





       かてごり








       あーかいぶ



       こめんと






        とらっくばっく









        りんく




        ぷろふぃーる

      ぶろぐないけんさく

        かんり

        もばいる

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM