良く逆転した(^-^)/

0

     

     

     

     

     

     

     

    前半、主導権を握ったのはホームの水戸だった。前線から激しくプレスを掛けて松本の攻撃を封じ込め、高い位置でのボール奪取から再三チャンスを作った。特に存在感を発揮したのが、ボランチのロメロ フランク。中盤の底で起点となって松本のプレスをかいくぐり、ゲームを組み立てた。15分に右サイドからのクロスのこぼれ球を湯澤 洋介がたたき込むと、41分には船谷 圭祐が蹴った右CKに細川 淳矢が飛び込み、頭で合わせて追加点を奪ってみせた。

    2点リードで前半を終えた水戸だが、それが安全なリードでないことは誰もが分かっていた。前節の山形戦は、前半に2点先制しながらも後半に追い付かれてドローに終わってしまった。それだけに、後半の戦いを強く意識して臨んだはずだった。

    しかし、後半開始から2人を代え、攻め手を変えてきた松本の攻撃に対応できず、劣勢を強いられた。そして、53分と61分に松本の左サイドのクロスから失点を喫し、試合を振り出しに戻されてしまう。その後、システムを3バックに変更してミラーゲームに持ち込んだものの、76分にショートカウンターから失点。終盤、水戸はパワープレーを試みるも松本の守備にはね返され、ゴールを奪うことができず。悔しい敗戦を喫し、7戦勝利から見放されることとなってしまった。

    一方、的確な采配に選手たちがしっかりと適応して見事な逆転勝利を収めた松本。リーグ後半戦に向けて、弾みをつける勝点3を手に入れた。
     

     

     

     

    (Jリーグ公式サイトより)

     

     

     

    JUGEMテーマ:サッカー


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.10.11 Friday
      • -
      • 16:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

         かれんだー

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>








      PR

       さいしんきじ





       かてごり








       あーかいぶ



       こめんと






        とらっくばっく









        りんく




        ぷろふぃーる

      ぶろぐないけんさく

        かんり

        もばいる

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM