スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.02.19 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    【王さまを欲しがるカエル】 

    0





                         



      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      今日のイソップ童話


      【王さまを欲しがるカエル】


      自分たちの所に王さまがいないのを悲しんでいたカエルが、
      ゼウスの神の所へお使いを出して、「王さまを下さい」
      と、頼みました。
      ゼウスはカエルたちがバカなのを見て、沼の中に木ぎれを
      落としました。
      カエルたちは始め、その音に驚いて沼の底に潜りました。
      けれど、いくらたってもその木ぎれが動かないものですから、
      浮き上がって来てそれをバカにして、
      その上に乗って座っていました。

      そんな王さまを持っては肩身が狭いと思ったので、
      カエルたちはもう一度、ゼウスの所にやって来て、
      王さまを取り替えて下さいと頼みました。
      はじめの王さまは、あんまりぐずだというのです。
      するとゼウスはカエルたちに腹を立てて、
      今度はヒドラという大蛇を寄こしたので、
      カエルはみんな飲まれてしまいました。

      たとえぐずでも悪くない王さまの方が、
      たとえ優秀でもひどい王さまよりは、まだましです。




      おしまい


      JUGEMテーマ:昔話

      「泥棒とニワトリ」 (今日のイソップ童話)

      0






              
                     

          

        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        今日のイソップ童話

        「泥棒とニワトリ」


        泥棒が、ある家に忍び込みました。

        一羽のニワトリの他は、何にも見つかりません。

        仕方がないので、泥棒はニワトリだけを盗んで引き上げました。

        ニワトリは、しめ殺されそうになったので、

        「お願いです。ぼくを殺さないで下さい。だってぼくは、

        人間たちが仕事に遅れないように、暗いうちから時を作って、

        目を覚まさせてあげる役に立つ鳥なのですもの」

        「だから、余計にお前を殺さなくてはならないんだ。

        お前が人の目を覚まさせるのが、おれたちの仕事の

        邪魔になるんだからな」

        良い人の役に立つ事が悪い人を困らせるという事を、

        このお話しはしめしています。

                                    
                           おしまい



        JUGEMテーマ:昔話

        1

           かれんだー

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>








        PR

         さいしんきじ





         かてごり








         あーかいぶ



         こめんと






          とらっくばっく









          りんく




          ぷろふぃーる

        ぶろぐないけんさく

          かんり

          もばいる

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM