「鳥刺しとヒバリ」 (イソップ童話)

0




        




    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    今日のイソップ童話

    「鳥刺しとヒバリ」


    鳥刺しが、鳥を捕まえる為のワナを仕掛けていました。
    一羽のヒバリが、それを遠くから見て、
    「あなたは、何をしているのですか?」
    「鳥の住む家を、作っているのだよ」
    鳥刺しは答えて、それから離れた所に身をひそめました。
    ヒバリは鳥刺しの言葉を本気にしてワナに近づいたので、
    アミにかかってしまいました。
    鳥刺しが駆け寄って来ると、ヒバリは言いました。
    「いまいましい人間め。お前が作る家がこう言う物なら、
    住む人はめったに見つかるまいよ」

    このお話しは、嫌な人が住む家や町は、やがて人々に見捨
    てられると言うことを教えています。



                             おしまい



    JUGEMテーマ:イソップ童話

    ハトとカラス (イソップ童話)

    0




                     


       

      本日のイソップ童話
       

      「ハトとカラス」
       

      ハト小屋に飼われているハトが、
      「わたしは、よく子どもを産むでしょう。ご覧の通り、こんなに大勢の可愛い子がいますよ」
      と、自慢しました。
      それを聞いたカラスが、バカにして言いました。
      「まあ、あなた、そんなに得意がるのは止めなさいよ。だって,
      あなたが子どもを産めば産むほど、可愛そうな飼い殺しのハトが増えるだけですもの」
      むかしは、人間にも奴隷がいて、家畜の様に扱われていました。
      その人間の奴隷の場合も、同じ事です。
      たくさんの子どもを奴隷にさせられている親の奴隷は、人間の中で一番不幸なのです。

      おしまい




      JUGEMテーマ:昔話

      1

         かれんだー

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>








      PR

       さいしんきじ





       かてごり








       あーかいぶ



       こめんと






        とらっくばっく









        りんく




        ぷろふぃーる

      ぶろぐないけんさく

        かんり

        もばいる

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM