一路平安

0

     

     

     

     

     

     

              

     

     

     

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    ●本日の四字熟語
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

             一路平安
    【読み】 いちろへいあん
    【意味】 旅立つ人へ「道中どうかご無事で」といった形で、
              安全を祈る言葉。
         

    【用例】 初めての一人旅が、一路平安でありますように。

    【キーワード】 人間関係・出会い・別れ・祈り

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    ●本日のことわざ
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

     

     

     

    JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語


    一望千里

    0

       

       

       

       

                    

       

       

       

       

      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
      ●本日の四字熟語
      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

               一望千里

      【読み】 いちぼうせんり
      【意味】 見渡す限り広く、また見晴らしがよいこと。
           「一望」は、見渡すかぎりという意味。

      【用例】 この山の山頂には一望千里できる場所があるんだ。

      【キーワード】 景色・自然

       

       

       

      JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

       

       


      一念発起 (今日の四字熟語)

      0







                  


         
        ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
        ●本日の四字熟語
        ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

                 一念発起

        【読み】いちねんほっき

        【意味】それまでの考えを改め、あることを成し
                遂げようと決意し、熱心に励むこと。
                また、今までの気持ちを改めて仏道に入り、
                悟りを開こうと固く決心すること。
                ▽もと仏教語。「一念」はひたすら思い込むこと。
               「一」はひたすらの意。
        【用例】私は一念発起して、英語検定を受けることにした。

        【キーワード】努力・機会・決断





        JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

        二階から目薬 (今日のことわざ)

        0







                     






           
          ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
          ●本日のことわざ
          ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                二階から目薬

          【読み】にかいからめぐすり

          【意味】二階から目薬とは、物事が思うようにいかず、
                  もどかしいさま。
                  また、回りくどくて効果が得られないことのたとえ。
          【用例】「会社を再生するには、二百万円あったところで二階
                   から目薬というものだ」

          【キーワード】困難・失敗・苦難
          【注釈】二階にいる人が階下にいる人に向けて目薬をさそう
              としても、あまりにも遠すぎて的中しないことから。
              『上方(京都)いろはかるた』の一つ。




          JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

          一汁一菜 (今日の四字熟語)

          0







                      




            ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

            ●本日の四字熟語

            ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


                                            一汁一菜


            【読み】いちじゅういっさい


            【意味】非常に粗末な食事のたとえ。汁物もおかずも

                    一品の食事の意から。

                    ▽「菜」はおかずの意。

            【用例】学生でひとり暮らしをしていた時は、

                    お金がなかったので一汁一菜の生活だった。


            【キーワード】教え・謙遜・食




            JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

            売り言葉に買い言葉 (今日のことわざ)

            0









                             






               
              ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
              ●本日のことわざ
              ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                    売り言葉に買い言葉

              【読み】うりことばにかいことば

              【意味】売り言葉に買い言葉とは、相手の乱暴な言葉に対して、
                      同じように応酬することのたとえ。
              【用例】「昨日のは売り言葉に買い言葉というやつで、
                       本心じゃなかったんだ。どうか許しておくれよ」

              【キーワード】性格・批判・批評・無駄・議論

              【注釈】相手の暴言に黙っておれず、こちらもそれ相応の
                  言葉で言い返すことをいう。
                  「売り言葉」は、相手にわざと喧嘩を仕掛ける
                  (売る)ような言葉のこと。
                  「売る言葉に買う言葉」ともいう。




              JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

              一日之長 (今日の四字熟語)

              0














                 
                ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
                ●本日の四字熟語
                ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

                         一日之長

                【読み】いちじつのちょう

                【意味】一日早く生まれた意。少し年長であること。
                        転じて、ほんの少し経験があり、技能などが
                        他よりわずかにすぐれていること。
                        自分の経験・能力・技能などを謙遜けんそんしていう語。
                        ▽「日」は「にち」とも読む。
                【用例】なんだかんだ言っても、私のほうが一日之長だからね。

                【キーワード】世の中・人生・人間関係




                JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

                馬の耳に念仏 (今日のことわざ)

                0








                          






                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                  ●本日のことわざ

                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


                                               馬の耳に念仏


                  【読み】うまのみみにねんぶつ


                  【意味】馬の耳に念仏とは、人の意見や忠告に耳を貸そうとせず、

                  少しも効果がないことのたとえ。

                  【用例】いくら君が親身になって忠告しても、

                          彼には馬の耳に念仏だよ


                  【キーワード】動物・無駄




                  【注釈】馬に念仏を聞かせても、

                  そのありがたみがわからないことから。

                          念仏のありがたさがわからない愚かな奴の意味が

                          含まれているため、目上の人に用いるのは誤り。

                          その場合は「馬耳東風」を使うとよい。




                  JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

                  一期一会   (今日の四字熟語)

                  0







                           





                    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

                    ●本日の四字熟語

                    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


                                               一期一会


                    【読み】いちごいちえ


                    【意味】一生に一度の出会いのこと。人との出会い

                            は大切にするべきということ。

                            生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。

                            もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に

                            一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。


                            ▽千利休の弟子宗二の『山上宗二記やまのうえそうじき』に

                           「一期に一度の会」とあるのによる。「一期」は仏教語で、

                            人が生まれてから死ぬまでの間の意。

                    【用例】一期一会は大事だと思うから、出会って話を

                            した方に感謝している。


                    【キーワード】世の中・人生・出会い・機会


                    JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語

                    牛に引かれて善光寺参り (今日のことわざ)

                    0








                                                 





                      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

                      ●本日のことわざ

                      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


                                                牛に引かれて善光寺参り


                      【読み】うしにひかれてぜんこうじまいり


                      【意味】予想外の出来事や、誘いによってそれから思い

                              がけない信仰の道に入ること。思わないことで、

                              良い方へ導かれたり巡りあったりすることの例え。

                      【用例】「牛に引かれて善光寺参りで、たまたま誘われた

                               美術展で絵画にはまり、油絵を描くのが趣味になった」


                      【キーワード】動物・幸せ・機会・運


                      【注釈】昔、長野の善光寺近くに住んでいた不信人で欲深い

                      老婆が、さらしていた布を隣の家の牛が角に引っかけて

                      走り出したのを見て、その牛を追っていくうちに善光寺

                      にたどり着き、それがきっかけで度々善光寺に参詣する

                      ようになり、信仰の道に入ったという言い伝えから。

                      「牛に引かれて善光寺詣り」とも書く。



                      JUGEMテーマ:ことわざ・慣用句・四字熟語


                         かれんだー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>








                      PR

                       さいしんきじ





                       かてごり








                       あーかいぶ



                       こめんと






                        とらっくばっく









                        りんく




                        ぷろふぃーる

                      ぶろぐないけんさく

                        かんり

                        もばいる

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM