金の鳥居

0





             





    本日の日本の昔話
    「金の鳥居」

    ある日の事、吉四六さんは村の家々をまわって頼みました。
     「八幡さまの木の鳥居が、古くなって壊れそうじゃ。
      みんなでいくらかずつを出し合って、金の鳥居を寄付したいと思うが。
      どうだろうか?」
     「それは良い考えだ。吉四六さんも、たまには良い事を言うの」
      こうして村人たちは、吉四六さんにお金を預けました。
      さて、それからいく日もたたないうちに吉四六さんが、
     「金の鳥居が、出来ました」
    と、ふれまわったので、
     「ほう、ずいぶんと早くに出来たな」
     「一体、どんなに立派な鳥居だろう?」
    と、さっそく村人たちは、八幡さまヘ出かけて行きました。
      ところが鳥居はそのままで、どこにも金の鳥居なんてありません。
     「どういう事だ? 吉四六さんを呼んで訳を聞こう」
      そこで呼ばれた吉四六さんが、やって来ると、
     「ほら、ちゃんとそこに、金の鳥居が建ててあるではないか」
    と、みんなの足元を指差しました。
      みんなが見てみると、そこには縫い物に使う木綿針で作った小さな鳥居が、ちょこんと置かれていたのです。
     「なるほど、確かにこれも、金の鳥居だ。こりゃあ吉四六さんに、いっぱい食わされたわ」
      村人たちは、笑いながら帰って行きました。
    おしまい





    JUGEMテーマ:昔話


     

    1

       かれんだー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>








    PR

     さいしんきじ





     かてごり








     あーかいぶ



     こめんと






      とらっくばっく









      りんく




      ぷろふぃーる

    ぶろぐないけんさく

      かんり

      もばいる

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM