スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.02.19 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    野うさぎの走り ○○だよ(^-^)/

    0




      先日ある方から頂きました「黒木本店」の「野うさぎの走り
      面白い名前ですが貴重な焼酎です。前回とり上げた「ハナタレ」もこの黒木本店のものですし、2年ほど前にもこのブログでアップしましたが⇒ここです この3種類の焼酎も大変美味しかったですよ。




      黒木本店は、明治18年の創業以来、地元の方々に親しまれ今でも当時のままの手造りの製法を守り、磨き上げて酒造りをしている焼酎蔵です。
      焼酎ブームの火付け役ともいえる幻の焼酎「百年の孤独」など、 伝統の製法にこだわった、非常に上質な焼酎を造り続けています。

      伝統を受け継ぐと共に、この蔵の姿勢である「常識」に挑戦する酒造りが商品に現れています。

      あくまで手造りにこだわり、人間性に満ちた「工房」造りを信念の下に、 創業当時からの伝統と技を伝え、常に新しい酒造りに挑戦している蔵、 今も幻の焼酎として人気の銘柄一つ一つに、 妥協を許さない強いこだわりが感じられます。
      4代目当主の黒木敏之氏は、「世界の蒸留酒と同じレベルの蒸留酒としての焼酎」を目標として酒造りに取り組んでおります。

      麹・原料・仕込み水、全てがこだわりの集大成とも言える黒木本店の造りは、 自然との繋がりを重視し、また、自然の一部としての焼酎造りを目指しています。その努力が実を結び、ついに焼酎粕を肥料として土に還す技術をを実現。
      この焼酎粕肥料「蘇る大地」で育つ麦を原料として、 更なる高みを目指して日々努力を惜しまない、今もなお不動の人気を堅持する蔵元です








      「黒木本店」が送る「幻の米焼酎」!それが「野うさぎの走り」。
      麦の「百年の孤独」と並ぶ双璧ともいわれ人気上昇中の焼酎です。

      もち米の蒸留酒と吟醸酒をイメージして造ったこの焼酎は、 長い間「かめ」にて貯蔵した古酒ともち米焼酎のブレンドにより生まれます。

      日本酒のようにほのかに香る、お米由来の吟醸香、高いアルコール度を感じさせないきめ細やかな口当たり、まろやかさは米焼酎の中でも特に際立つ逸品です。

      きめ細かい味わい、喉ごしのよさ、まろやかな余韻は飲むほどに味わい深さを増していきます。伝統の仕込みを守り、お米の味わいを活かした上品かつ繊細に仕上げられた、 米と水にもこだわった甘くまろやかな米焼酎。

      ややアルコール度が高めなので、水割りがオススメ。
      アルコールの刺激がやわらぎ、スッと呑みやすくなります。
      また、クラッシュアイスでのオン・ザ・ロックで、お米の甘味が強く感じられます。

      どうやって飲もうかな
      今日はやめて、後日友達と飲みます


      JUGEMテーマ:飲み物
       

      「一品」 

      0








        茨城・水戸市にある吉久保酒造の大吟醸「一品」です。

        あるメンバーズクラブのポイントで交換しました。
        昨年の東日本大震災で被害を受けた酒造会社ですが、懸命に復興に力を入れています。

        少しでも力になれればと思い交換しました。










        吟醸酒・純米酒・本醸造酒・普通酒・マッコリと商品ラインナップです。

        口当たりのまろやかさ
        酔い心地の良さ
        酔い覚めのさ

        三拍子そろった”うまい酒”を求めて頑張ってます。


        今日飲んでみます(^-^)/











        JUGEMテーマ:飲み物
         

        ハナタレ

        0






          宮崎の蔵「黒木本店」の芋焼酎。蒸留して最初に出てくる初留取り、所謂「ハナタレ」である。

          原材料/甘藷・米麹
          内容量/360mL
          アルコール度数/44.1度以上、44.9度以下(つまり、本格焼酎の限度ぎりぎり)








          「百年の孤独」を造る宮崎県の黒木本店がハナタレとして市販された第1号の商品。
          ハナタレとは焼酎蒸留の際に一番最初に出てくる旨みが最も凝縮された貴重品。
          この部分を取りすぎると残りの焼酎に旨みが無くなってしまう為、ほとんど取ることが出来ません。
          この芋焼酎のハナタレは、冷凍庫で冷やしてトロッとした感触でなめるようにして楽しめる。





          JUGEMテーマ:飲み物
           

          1

             かれんだー

          S M T W T F S
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          2627282930  
          << April 2020 >>








          PR

           さいしんきじ





           かてごり








           あーかいぶ



           こめんと






            とらっくばっく









            りんく




            ぷろふぃーる

          ぶろぐないけんさく

            かんり

            もばいる

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM