スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.02.19 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    小川村 理事視察研修

    0
      昨日松本市町内公民館館長会理事視察研修で小川村に行ってきた。
      旧知事公舎、高山寺(こうさんじ)を案内してもらい説明を聞き、午後はNPO法人「美しい村小川・絆のネットワーク」村越さんの話を聞き研修を終えた。



                    小川村の神楽






                    旧知事公舎





                     歴代の知事






             
       高山寺の天井絵(住職が描いたもの)







      JUGEMテーマ:日記・一般

      筑摩神社

      0



        先日筑摩(旧町名)の標識の写真を撮りに行き隣の筑摩神社に寄りました。
        今回は筑摩神社テーマに書きます。




        延暦
        13年(794年)、石清水八幡宮より勧請を受けて創建され、正八幡宮の別名がある。また信濃国府の松本遷府以後は国府八幡宮とも称し、鎌倉以後は信濃守護小笠原氏の祖神として崇敬された。(ウィキペディアより)







        筑摩神社の文化財
        ・筑摩神社本殿
        ・筑摩神社拝殿
        ・筑摩神社銅鐘





        本殿は永享8年(1436年)に焼失した後、同11年(1439年)に小笠原政康により再建され、室町時代の建築様式をそのまま残している。また松本地方最古の建造物であり重要文化財に指定されている。また、拝殿は慶長15年(1610年)に松本藩領主石川氏によって造営されたもので長野県宝、銅鐘は筑摩神社別当寺の安養寺(廃寺)の梵鐘で、永正11年{1514年)小笠原長棟が寄進した旨の陰刻があり松本市指定重要文化財である。(ウィキペディアより)






        JUGEMテーマ:文化施設
         

        池上百竹亭 (ふぉと散歩)

        0



          ふぉと散歩で寄りました池上百竹亭は、故池上喜作翁が多くの文人と交流を深めたゆかりの旧邸です。日本の伝統を伝える和室と茶室、露地や竹林が醸しだす閑静な庭園からなり、四季折々のうつろいを味わえます。



            
                      生涯学習と文化交流の場でもあります。





                  
                             裏千家流儀の本格的茶室を備えてます。





                  
                       「百竹亭」とは池上喜作の雅号です。





            
                竹林を配した庭園の一角には俳人の荻原井泉水の句碑がある。



          JUGEMテーマ:文化施設
           

          松本神社

          0



            ふぉと散歩で立ち寄った松本神社は松本城北側にあり地元では五社と呼ばれてます。



                         
                     
               暘谷(ようこく)水神  由来

            平成二十二年三月 松本神社境内における井戸湧水にともない ここに水神様を勧請いたし、社殿造営にあたっては境内に建立されていた享和元年(1801年)弥勒院別当観阿奉納の祠(石堂)を移転して台座石上に鎮座奉りました。
             なお、当松本神社(旧五社)は 昔から暘(陽)谷様の別称で地域の人々に親しまれてきましたが、これちなみに 水神の湧き出るこの地をつかさどる暘谷水神としてお祀りしてあります。

                                                     松本神社氏子総代会




              




                               



                松本神社のご案内

             御祭神
             ○片宮八幡宮(一色兵部少輔義遠)
             ○今宮八幡宮(戸田弾正左衛門尉宗光)
             ○共武大神社(松平丹波守康長)
             ○淑慎大神社(松平丹波守家長室、徳川松姫)
             ○暘谷大神社(松平孫六郎永兼)
             ○若宮八幡宮(島立右近貞永・大名持命・倉稲魄命)

             例大祭
              七月十日、十一日

             由緒概要
            当神社は郷土祭展の神、縁結びの神として信仰された松本城と特別な由緒関係のある神社である。         
            寛永十三年(1638)丹波守光重が播磨国明石に在城の時、城内に叔父松平孫六郎の霊祀り暘谷大神社と称した。
            これを享保十一年(1726)丹波守光慈が松本に入部の際、今の松本神社の地に遷し祀った。寛政九年(1797)丹波守光行は三河国田原に祀った戸田家の遠祖である一色兵部少輔の霊(片宮八幡宮)と戸田宗光の霊(今宮八幡宮)の両社を松本に移し、暘谷大神社に合祀し、天保二年(1831)戸田光年は松平康長並徳川松姫の霊を合祀して(五社)と称した。
            即ち城主戸田家の祖廟を神斉したもので、家臣一同之を氏神とした。若宮八幡宮は永正十六年(1519)松本城の開祖である島立右近貞永の霊(八幡)を祀り、祠を城の戌亥の隅に営み城の鎮護とした。後大名持命(神田明神)倉稲魄命(稲荷社)を合祀し、大正三年(1914)五社境内へ遷宮した。 
            昭和二十八年(1953)五社と若宮八幡を合祀し[松本神社]と改称した。 


            JUGEMテーマ:文化施設
             

            1

               かれんだー

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>








            PR

             さいしんきじ





             かてごり








             あーかいぶ



             こめんと






              とらっくばっく









              りんく




              ぷろふぃーる

            ぶろぐないけんさく

              かんり

              もばいる

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM